住宅

頭で思い浮かべたそのままをオーダー|高級住宅で叶える豊かな暮らし

新築住宅を購入する時期

住宅

分譲の新築一戸建てを購入する時に大事なのはタイミングです。夏から年末にかけては新年度の前に引っ越すケースが多いので家探しをする人が多いのです。この時期は不動産業者も忙しくなります。逆に新年度を過ぎると暇になるので不動産業者が丁寧な対応をしてくれます。大規模分譲は早めに良い物件を探すようにします。

もっと読む

色々と調べて判断する

積み木

建売住宅は見学前にチェックすべきことがあります。まずは建物に関して材料、工法などをチェックしましょう。そして、広告の連絡先が仲介業者の所は選ばないほうが無難です。実際の見学に関しても構造のチェックは大切です、設計図などは必ずもらって帰りましょう。

もっと読む

耐久性も確認する

一軒家

分譲住宅に関して、色々な樹類がありますが、特に木造3階建ての住宅は基礎がしっかりしていないと耐久性に難があるので構造をしっかりチェックするようにしましょう。分譲住宅であってもしっかりした造りの家はたくさんあります。もし気に入った物件の耐久性がきになるなら遠慮なく指摘しましょう。

もっと読む

高級な注文住宅

部屋

高級注文住宅の特徴

景気の回復を受け、日本の不動産市場は活況を取り戻しており、特に不景気時代はあまり需要の無かった高級住宅市場の回復が顕著になっています。高級住宅には二種類あり、一つは不動産業者が建売販売している高級住宅であり、もう一つは完全にオーダーメイドで作る高級注文住宅です。最近特に人気を集めているのは高級注文住宅であり、高級住宅市場を牽引する役割を果たしています。高級注文住宅の特徴は、家の設計から住宅に使われる素材選びまで全て完全なオーダーメイドであるという点です。普通の注文住宅では、選択できる設計プランや選べる建築素材の種類がある程度業者側によって決められており、その中から購入者が選択するというものですが、高級注文住宅は全てを購入者が選択する事が可能なのです。頭で思い浮かべたそのままをオーダーする事が出来るので人気だと言えるでしょう。

費用を抑える方法

完全オーダーメイドの注文住宅の難点は、建築コストが通常の注文住宅に比べると非常に高くなってしまうという点です。これはセミオーダーメイドの場合、業者側が他の案件で使う事を見越して建築物資をある程度まとめて発注しているため、大量発注による割引効果により建築資材コストをある程度抑えられるのに対し、完全オーダーメイド住宅は全て個別発注となるためこうした割引効果が得られないのです。この点、少しでも建築コストを抑えたいのであれば、住宅内で使う建築資材の種類をあまり多様化せずに、ある程度統一するとセミオーダー住宅ほどではないにしろ割引効果を得られる場合があります。またデザインについても委託先の業者の汎用モデルをベースに設計するとコストが抑えられる可能性があります。